facebook_pixel

BlackEyePatch Taps Jiro Konami & SCARS for Japanese Hip-Hop Photography Exhibition

BlackEyePatch Taps Jiro Konami & SCARS for Japanese Hip-Hop Photography Exhibition

Following the duo of art books released this past summer, BlackEyePatch has teamed with photographer Jiro Konami for an exhibition centered around legendary Japanese hip-hop crew SCARS. The eponymously-named exhibition traces the rappers’ careers from their formation in 2003 to the current day, showcasing candid imagery of the group, concert footage, and more. Recognized for introducing Japanese audiences to the larger-than-life “hustler” mentality introduced by Western contemporaries like Nelly, Cormega and Mobb Deep, SCARS represented an important stepping stone for Japanese rap and hip-hop music.
The exhibition goes down at Tokyo’s COMMON Gallery from December 14 to 23. Limited shirts and skate decks emblazoned with Konami’s photographs will be available during the showcase. Check out a sampling of SCARS’ sound below.
<img src="https://hypebeast.com/image/2018/12/blackeyepatch-jiro-konami-scars-common-gallery-exhibition-10.jpg"
<img src="https://hypebeast.com/image/2018/12/blackeyepatch-jiro-konami-scars-common-gallery-exhibition-11.jpg"
<img src="https://hypebeast.com/image/2018/12/blackeyepatch-jiro-konami-scars-common-gallery-exhibition-6.jpg"
<img src="https://hypebeast.com/image/2018/12/blackeyepatch-jiro-konami-scars-common-gallery-exhibition-8.jpg"

View this post on Instagram

東京で写真展やります。タイトルは 「SCARS」 約1年前の冬。NYから川崎に向かった。scarsを撮って欲しいとBlack Eye Patchに言われたからだ。トムと車で向かった。そーいえば2年前は沖縄に一緒に向かった。環七を真っ直ぐ下っていった。行きの車でscarsのアルバムを聴いていた。正直そこまで知らなければ、時代も少し違う世代。アニキは興奮していた。なぜか同い年のトムも興奮している。なんだか面白そうなカンだけでその依頼を引き受け、会って無理そうだったら辞めようと思っていた。scarsは川崎出身のHIP HOP グループである。川崎のコンビニでStickyとSeedaと合流。リーダーのAthugの家に向かうことになった。初対面。これはいける。と思った。机の上はぐちゃぐちゃで、チワワ、ヘネシー、クサ、殴り書きのリリック、アクセサリー、金。頭の中が激しくMIXされる。ついていけない程に言葉の転換が早い。早すぎてほとんど話しを覚えていない。右から左だ。何故かオレは自分のカメラではなく、トムのyashika t4を瞬時に借りて撮っていた。scarsの3人は最近の事、楽しそうに話していた。その部屋を拠点としたscars。athugが時たま口にしていた。「オレたち」この人めちゃくちゃふざけているけど、どこにいってもリーダーに違いない。一番前ではなく後ろで身構えてるタイプ。そんな男だった。NYでも会った。west harlem のモーテルに泊まっていた。その行きしな折れたチューリップが地面に倒れている写真を撮った。折れてもなお花は咲くんだな。部屋に着くと、もう既に異常に汚い部屋で撮影して、一服して、一緒に外に出て、hudson riverで夕陽を見た。輝くnew jersey を見ながら。輝いて見えたよAthugさん。それから$1のアイスを奢ってもらい街を歩いた。それからまた渋谷のスタジオで会った。scarsの曲をかけながら思うがままにマイクで歌ってもらった。マイクが似合うなぁ、この男達は。特に結論には至らない。ただ文句を言いながら立ち向かう。折れてもなお叫ぶ。華麗に見えたよその姿が。それが俺が感じた彼らのHIPHOP。わずかな時間ながらも濃厚な時間を過ごさせてもらったscarsの3人に感謝。機会をくれたblack eye patch、まるくん、キム、トム。本のデザインは小酒井ちゃん。ありがとう。12/14(金)写真展、写真集、お披露目。俺もいきます。お待ちしてます。 会場:COMMON GALLERY 住所:東京都渋谷区神宮前6-12-19 会期:12月15日(土)〜12月23日(日) 時間:13:00〜19:00 オープニングレセプション:12月14日(金) 時間:19:00〜22:00
A post shared by Jiro Konami (@jirokonami) on Dec 5, 2018 at 7:29pm PST

Click here to view full gallery at HYPEBEAST



Enter Your Email

Find out how you can increase your chances. 

We value your privacy. Your information will not be shared*